TOP news 【プレスリリース】報告書発表「プロサバンナ事業考察 概要と変遷、そしてNGOからの提言」

【プレスリリース】報告書発表「プロサバンナ事業考察 概要と変遷、そしてNGOからの提言」

2014.10.29

News

オックスファム・ジャパンは、モザンビークの農民団体や市民社会、ならびに国内のNGOとともに2012年より、プロサバンナ事業のモニタリング・アドボカシーに取り組んできました。本ペーパーは、プロサバンナ事業の概要やこれまでの経緯を紹介し、今年8月に行われた現地調査で得られた最新情報を踏まえ、事業に対する考察と提言をまとめています。

プロサバンナ事業は、海外農業投資による大規模な農業開拓による、大豆をはじめとする穀物生産の奨励から始まりました。しかし現地農民組織をはじめとする、様々な団体からの批判を受け、「小農支援」へとその目的の方向転換を図りました。しかし現時点での事業の抜本的な見直しには至っておらず、事業の根本的な再考が必要とされています。特に、以下の4点を挙げ、提言としてまとめています。

  1. JICA環境社会配慮ガイドラインの遵守

  2. ガバナンスの実態把握と改善

  3. 透明性・情報公開の改善

  4. 「小農支援」の抜本的見直し


報告書全文は、こちらよりご覧いただけます。

なお、10月29日に開催されました報告会の概要に関しましては、こちらよりご覧いただけます。